ONE DROP LIVE&EVENT

今月のLIVE&EVENT

2022/08/14 (Sun)

R.A.M vs L.U.V INDIAN SUMMER “ACOUSTIC JAM”

KOZZY IWAKAWA(ザ・マックショウ)

AKIRA (Luv-Enders)

TOMMY KANDA (ザ・マックショウ)

YAMA-CHANG (Counter Action)

 

DJ

Chika★Rock

open 17:00

start 18:00

 

adv ¥5000

day ¥5500

※1 drink order

R.A.M vs L.U.V   INDIAN SUMMER “ACOUSTIC JAM”

 

約4年ぶり!

あのR&Rの伝道師達がワンドロップに帰って来る♫

 

AKIRA with THE ROCKSVILLE 「L.U.V」とKOZZY IWAKAWAのルーツ&ソロワークを合体させた真夏のロックンロールショー!

素晴らしき音楽世界旅行、最新型ロックンロール・レヴューを体感しにフリークはワンドロップに集合♫

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/08/21 (Sun)

熊中放送部員”真夏の課外授業”

特別講師

★武内享 (exザ・チェッカーズ、アブラーズ)

LIVE

★ザ・シェイクス

熊中放送部

★コモエスタ嶋田(監督)

★キャプテンOZA(部長)

★ダルマ

★のんちゃん

★メラメラシンジ

★FUZZ ACE

開校18:30

授業開始19:30

受講料 ¥3500

※1drink付

 

2020年4月に一旦中止となり約2年ぶりの開校となる熊中放送部プレゼンツ『”真夏の課外授業”エレキの享先生』

特別講師にザ・チェッカーズリーダー、武内享先生をお招きして日本ポピュラーミュージックの歴史を紐解く和モノの祭典♫

 

軽音楽演奏は博多のロックンロールグループ『ザ・シェイクス』

あの曲この曲皆さんご存じの和モノR&R縛りでお届けします!

モチロン享先生のライブ&セッションも有りま~す★

 

レトロなファッションでお洒落して是非ぜひ遊びにいらして下さいませませ!

 

 

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/09/23 (Fri)

P.A Rhapsodies LIVE

LIVE

P.A Rhapsodies (from TOKYO)

坂田カヨ(Vo)

清水一平(Guitar)

omohiko Heavylooper(Bass)

ゲスト: 江川ゲンタ(Par)

DJ

GENTA (メラ校放送部)

open 19:00

start  20:00

add ¥3000

day ¥3500

※別途1ドリンクオーダー

P.A Rhapsodies “oh!Alligater”

release tour in KUMAMOTO

 

Vocal: 坂田かよ(Kayo Sakata)

Guitar: 清水一平(Ippei Shimizu)

2人からなるユニット

現在”Tomohiko Heavylooper”

をBassに迎えて活動中

 

(P)arking (A)rea Rhapsodiesのボーカリストである「坂田かよ」がマイクを握ったのは2018年のことだ。

これまで、モデルとしてパリコレに起用されるなど、第一線で活躍しながらも、DJとして、川村かおり、中村達也らと伝説のロックイベント「696」を主催。

2018年、Soulcrap のギタリスト「清水一平」と出会い Blue Period 名義でその活動をスタートさせると、2019年10月 、1st Single 「Travelin’ High」をリリース。13ヶ所のリリースツアー後には「Travelin’ High」ツアーライブ盤「live & poets」(Special Editionとして、山崎円城氏/ F.I.B JOURNAL と新たにスタジオ録音した2曲も収録)をリリース。

2020年10月、活動名義を「P.A Rhapsodies」と改名し、坂田かよ(Vo)、清水一平(G)の2人は、より自由な編成で精力的に活動を続ける。

 

P.A Rhapsodies HP

https://parhapsodies.com/

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/10/09 (Sun)

TOKYO GROOVE JYOSHI LIVE

LIVE

★TOKYO GROOVE JYOSHI (from TOKYO)

Emi Kanazashi(Key/Vo)

Rina Hoshino(Bass/Cho)

MiMi(Dr/Vo)

 

★jamurai(KUMAMOTO)

open 18:00

start  19:00

add ¥4000

day ¥4500

※別途1ドリンクオーダー

TOKYO GROOVE JYOSHI

九州Tour 2022 “We are Groove Music!!

 

東京発 ジャズファンク・ガールズバンド TOKYO GROOVE JYOSHI (トーキョーグルーヴジョシ、通称:グル女)

確かなテクニックと骨太サウンド。女性3ピース・ バンドが繰り出す強烈なグルーヴ。

 

2018年9月、金指恵美(Key/Vo)、芹田珠奈(Bass /Vo)、関優梨子(Dr/Vo) のセッションミュージシャン3人で結成。

オリジナル曲、70年代〜80年代のジャズ、ファンク、R&B、 ロックなどジャンルを問わずグルーヴする楽曲を演奏するライブバ ンド。

 

年間50本以上のライブをライブハウスやフェスを中心に行 う。2019年に初ミニアルバムをリリース。

海外からの評価も高く、2020年2月ニューヨークライブハウス ツアーを成功させた。

2020年7月に初代ベーシストの芹田珠奈、10月にドラムの関優梨子がスペシャルサポート ミュージシャンにとなり、新たに星野李奈(Rina Hoshino)、MiMi(Mayumi Kawakami)が加入。

 

その後は世界的なコロナ禍の影響で活動を制限されたが、 配信ライブ、限定ライブ、YouTube番組制作、楽曲制作、 レコーディングを積極的に展開。初のオリジナルシングル「HOT SUMMER」を9月に、オリジナル曲を収めたEP”TOKYO GROOVEを11月にデジタルリリース。

”HOT SUMMER”がiTunes Store(トルコ)のR&B/ソウル トップソングの1位にラ ンクイン。 EPアルバム”TOKYO GROOVE” が iTunes Store (日本) の “R&B/ソウル トップアルバム” の8位にランクインした。
2021年には音楽監督に柴田敏隆氏を迎え「Rise Up」「FOXY 」をシングルリリース。「Rise Up」は読売テレビの番組のエンディング曲となる。

 

2022年にワーナーミュージック系サブスクADAと契約し2月にシング ル”LOVE SALT’、3月にEP”TOKYO GROOVE 2″をリリース。

 

TOKYO GROOVE JYOSHI のプロデューサーは1987年から6年間そして2 011年から2年間、NYに駐在しました。特に80年代は音楽がジャンルを超えて最もクリエイティブだった 時代。その時体感した新人からレジェンドまで大小500あまりのライブ 。知らず知らずのうちにGroove Music の虜になりました。

 

そんなgroove music を伝えるライブバンドを若いミュージシャンと創りた い!という思いで、ライブハウスやYouTubeでミュージシャ ンのリサーチを行い、セレクトしてTOKYO GROOVE JYOSHI をプロデュースしました。

 

「音楽には二種類しかない。よい音楽とそれ以外だ。There are simply two kinds of music, good music and the other kind.」と巨匠音楽家のデュークエリントン。

 

良い音楽(gr oove music)を多くの人に広めたい!そんな思いでオリジナル曲や70年代、80年代のJAZZ、R& B/SOUL、POP/J-Pop、ROCKとジャンルを問わず 楽曲を選び、ソリスト(ボーカル、ギター、管楽器など) とのコラボライブやサポートも行っています。人種・世代・ 性別を超えてGROOVE SOUNDをお届けするライブバンドをめざしています。

 

TOKYO GROOVE JYOSHI ホームページ

https://tokyogroovejyoshi.com/

 

jamurai

心地良いリズムにキーボード、サックス、トランペットのメロウなサウンドを乗せてライブを展開する熊本のインストバンド”jamurai”

2022年6月に配信アルバムCALM BEACHをリリース
ドラマーにCaravanやハナレグミ等多数のミュージシャンのライブ、レコーディングで活躍するPeace-K氏を迎え完成させた力作。

TOWER RECORDS MUSIC (jamurai サンプル音源)

https://music.tower.jp/album/detail/1022204987

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/10/22 (Sat)

「ヤァ!ヤァ!ヤァ!ウルフルケイスケとザ・ファックゲッツが九州にやってくる!

ウルフルケイスケ

ザ・ファックゲッツ

open 18:00

start 18:30

adv ¥4000

day ¥4500

※1drink order

きばらしナイトPresents

「ヤァ!ヤァ!ヤァ!ウルフルケイスケとザ・ファックゲッツが九州にやってくる!」

 

大阪在住のロッキンフリーク、Asamiちゃんがオーガナイズする九州初上陸イベント『きばらしナイト』

イベントタイトルの由来は熊本市中央区にあるロックBAR『きばらし』から命名!

 

コロナ禍前から企画はあったものの流れ流れて昨年末に親子でご挨拶いらっしゃいました★

満を期しての九州3カ所ロードツアー!

 

チケットご予約も当店にて承りますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/10/23 (Sun)

山本恭司九州ツアー2022”秋の陣”《熊本編》

山本恭司(BOWWOW / VOWWOW / WILD FLAG /etc,,,

open 17:30

start  18:00

add ¥5000

day ¥5500

※別途1ドリンクオーダー

 

チケット予約・お問い合わせ

主催*BATTLE-BOX

E-mail

battlebox.office@gmail.com

今回のライブはONE DROPでのチケット取り扱いはありません

上記BATTLE-BOXへのメール予約のみとなります

 

【終演後アフターパーティー開催】

※予約先着定員制

会費 ¥2000※ドリンクはキャッシュオンにて各自清算

参加希望の方はチケット予約の際に『パーティ参加希望』と人数を併記願います

なお定員になり次第締切とさせて頂きます

 

 

山本恭司『弾き語り・弾きまくりギター三昧』九州ツアー

2022年”秋の陣”《熊本編》

 

アコースティック、エレキギターを駆使し独特の世界を紡ぎあげる贅沢な1人ライブ!

 

【山本恭司プロフィール】

1956年3月23日 島根県松江市生まれ

15歳でギターを始め、18歳でヤマハ・ネム音楽院に入学。その頃より天才ギタリストとの呼び声高く、在学中にBOWWOWのリード・ギタリスト、リード・ヴォーカリストに抜擢される。

 

デビュー当時はキッスやエアロスミスとのツアーが大きな話題を呼び、豪快で圧倒的なサウンドとギターテクニックにより常に日本のロック・シーンをリードしてきた。

その後VOW WOWを結成しロンドンをベースにヨーロッパ、アメリカで約4年間活動、イギリスでチャートインするなど海外での評価も高く、海外有名アーティストへの影響力も大きい。

 

また、バンド活動以外にもギター・インストゥルメンタル・アルバムや東日本大震災復興支援チャリティーアルバム「Inori~Rebuilding Lives~」のリリース、ジャズ・フュージョン系ミュージシャンとのセッション、アコースティックの弾き語りやギタリストアルバム「六弦心」他アーティストのプロデュースに至るまでその幅広い音楽性を武器に世界の音楽シーンで活躍

 

1975年 BOWWOW結成

伝説の山奥3ヶ月強化合宿の後、大泉東映撮影所でステージトラックを使ったライヴを行う。

1976年、12月にBOWWOW1stアルバム「吼えろBOWWOW」を発表。

NHK-FM「ヤング・ジョッキー」で1時間のライヴを行い、その直後の日本青年館でのレコ発記念コンサートには入りきれないファンが殺到し、翌年渋谷公会堂で追加公演を行う。

1977年、エアロスミス、キッスの日本公演にオープニング・アクトとして参加。

 

ミュージックライフ誌人気投票で日本人初のグループ部門、ギタリスト部門1位を獲得。

1978年、再びキッスの日本公演オープニング・アクトに抜擢。
BOWWOWロサンゼルス公演。初のアメリカ・レコーディング。

1980年、山本恭司の初のソロアルバム「HORIZON」を発表。

1982年、香港ACホール・コンサート。スイスのモントルー、イギリスのレディングフェスティバルに出演、大きな支持を得る。当時、歌舞伎の連獅子を纏 ったパフォーマンスは英国でも大きな話題となる。

また同年、山本恭司2ndソロアルバム「ELECTRIC CINEMA」を発表。

 

1983年、イギリス・ツアーを実施後、BOWWOWを解散。

約7年間でBOWWOWおよび山本恭司ソロで、アルバム17枚、シングル11枚を発表。

 

1984年 VOW WOW結成

1984年6月、VOW WOW1stアルバム「BEAT OF METAL MOTION」を発表。

1986年11月、渡英。イギリスでの1stアルバム「VOW WOW LIVE」を発表。

1987年、2ndアルバム「CYCLONE」が英国でリリースされ、同年11月からは英国のメッカとして有名なロンドン市内のライブハウス・マーキーを振り出しに全英で28回のコンサートツアーを6ヶ月にわたって行い大成功させた。また、ジョン・ウエットン、グレン・ヒューズ、ニール・マーレイらとのプロジェクトアルバム「フェノミナⅡ」を制作。

アリス・クーパー、アイアン・メイデンらと共にレディング・フェスティバル最終日にも出演。

 

1988年、日本のバンドとしては初のイギリス国内ミュージシャンズ・ユニオンへ正式加入。ジャパン・ツアーを実施。

1989年、へルター・スケルターU.K.ツアーを実施。

1990年4月、キッスやピンク・フロイドでも有名なボブ・エズリンのプロデュースによ る9thアルバム「MOUNTAIN TOP」を発表。同年 5月、武道館コンサートを最後にVOW WOWを解散。

約6年間でアルバム9枚、シングル8枚を発表。

 

1991年 WILD FLAG結成

VOW WOW解散後、1991年にパワー・ロック・トリオWILD FLAGを結成。1992年 5月 WILD FLAG1stアルバム「WILD FLAG」を発表。各地で出演アナウンス無しのゲリラライヴを決行。

1995年までの約3年間にWILD FLAGでアルバム2枚、ミニアルバム1枚、シングル1枚を発表。

その後、その他のバンド活動と並行して不定期にライヴを行った。

 

~ 1995年 新生BOWWOW結成

新生BOWWOW結成へ。1995年5月に渋谷ON AIR EASTにて新生BOWWOWデビューライヴを行う。

1996年、ドラマーが満園英二から新美俊宏に代わる。

1997年3月、新生BOWWOW解散。約2年間でアルバム2枚、ミニアルバム1枚を発表。

1998年 BOWWOW オリジナルメンバーでの再結成~WILD FLAG活動再開

1998年、ミニアルバム「STILL ON FIRE」を経て、BOWWOW再結成後初のアルバム「BACK」を発表。赤坂BLITZで復活ライブ。現在もライヴ活動とともにアルバム・DVDを発表、バンドとしてさらなる進化を続け、2014年からは斉藤光浩と共にBOWWOW G2として1年に数回、2016年には40周年記念ライヴも行い、その歩みを止める事無く2016年12月20日にデビュー40周年を迎えた。

 

また、2005年にはWILD FLAGが積極的なライヴ活動を再開、翌2006年には初のライヴDVD「WILD FLAG LIVE 2005~要注意 WILD FLAG は忘れた頃にやってくる~」を発表、現在もオリジナルメンバーで精力的に活動している。

 

2010年 VOW WOW 2夜限りの再結成

2008年にVOW WOWオリジナルメンバーのうち3人(G,Key,Vo)が集まり行ったシークレットセッションを発端として、同メンバーで2009年には”サンフォニックスの奇蹟”でセッション、その後”アックスの奇蹟”では4人(G,Key,Vo,Dr)のオリジナルメンバーでのセッションライヴ(VOW WOW作品を含む)を経て、2010年12月25,26日の両日にわたり”ヴァウの総て-ALL about VOW”で、解散から20年の時を経て2夜限りのVOW WOW再結成ライヴを行った。

 

2010年 山本恭司ソロ活動本格始動

1998年に山本恭司初のオールインストゥルメンタルのソロアルバム 「MIND ARC」を発表、その後「Requiem」「TIME」に続き、2010年には4作目のオールインストゥルメンタルソロアルバム「THE LIFE ALBUM」を発表。

これを機に、BOWWOW、WILD FLAGの活動と並行して山本恭司ソロ活動を本格始動。

 

ライヴ活動では様々なジャンルのミュージシャンとのセッションや吹奏楽団との共演など、これまでの枠にとらわれない多岐にわたる演奏活動を積極的に行う一方、高校時代の同級生である佐野史郎氏との小泉八雲作品での音楽と文学作品朗読の融合も、二人のライフワークとして毎年新作が発表、2014年ギリシャ・2015年アイルランドでの海外公演も大成功をおさめた。

 

現在、「弾き語り・弾きまくり ギター三昧」という二部構成ライヴ(一部ではアコースティックの弾き語り、二部ではSOLO作品を中心にエレクトリックを堪能出来るというスタイル)を全国展開し、その感動の波が広がっている。

 

また、2014年9月には弾き語りLIVEでもなじみの深い、山本恭司の”歌”をたっぷりとフィーチャーした待望のニューアルバム「PHILOSOPHY」を発表。2015年9月には小泉八雲・朗読の夕べ作品での音楽を集めたオールインストゥルメンタルのソロアルバム 「Lafcadio」を発表、たゆみない創作活動を続けている。

そして、faebookやtwitterのアカウントでは山本恭司自らが更新を行い、積極的に情報を発信し続けている。

 

2016年 山本恭司・BOWWOW デビュー40周年を迎える

2016年にはデビュー40周年を迎え、3月に『山本恭司 100 YEARS PREMIUM LIVE』デビュー40年+生誕60年=100年特別記念公演!を川崎CLUB CITTA’にて、また8月には『BOWWOW G2 LIVE in TOKYO 2016』- BOWWOW 40th anniversary -を渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、両公演ともSOLD OUTの中、盛大に開催された。

 

2017年 10枚目のソロアルバム「Voice of The Wind」を発表。

2019年 佐野史郎&山本恭司「小泉八雲朗読のしらべ」ニューヨーク、シンシナティ、ニューオーリンズ公演を成功させる。

2020年 1月には大阪シンフォニーホールでオーケストラとの共演を果たす。

8月には11枚目のソロアルバム「2020」を発表。

そしてまた新たな歴史を刻み続ける

 

山本恭司ホームページ

https://www.kyoji-yamamoto.com/

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/11/26 (Sat)

福田HIROYA洋也(exANTHEM)九州ツアー2022 Live or Die”RW04

福田HIROYA洋也(exANTHEM)from TOKYO
 
O.A yuuki

open 18:30

start  19:00

add ¥3500

day ¥4000

※別途1ドリンクオーダー

 

福田HIROYA洋也(exANTHEM)九州ツアー2022 Live or Die”RW04

 

【福田HIROYAプロフィール】

1985年 ANTHEM 初代ギタリストとしてDEBUT。2010年 ANTHEM 25周年ANNIVERSARY TOURに参加。 ギタリストとして完全復活を遂げた。これを期にギタリストも再開。イベントやRecordingに携わるようになった。また写真家としての活動も目覚しく各種雑誌、Web媒体をはじめ写真セミナー講師としても活躍中。アーティストとして培った感性を活かして描く写真には定評があり、風景・人物写真などを中心に多彩な才能を発揮。

 

福田HIROYAホームページ

http://girlizm.com/index.php

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

Coming Soon!!

■2022/10/08(Sat) 夜のストレンジャーズ LIVE

詳細は決まり次第UPいたします

■2022/10/15(Sat) 延原達治ソブリンカフェ59th.BDツアー

詳細は決まり次第UPいたします

■2022/11/03(Thu) Soulcrap LIVE

詳細は決まり次第UPいたします

■2022/11/11(Fri) 近藤房之介 LIVE

詳細は決まり次第UPいたします

■2022/11/22(Tue) THE PRIVATES LIVE

詳細は決まり次第UPいたします

ONE DROPでライブをしませんか?

お申し込み・お問い合わせはこちらから

TEL

096-331-1106

Mail

info@one-drop.org

花香( ハナカ )

レギュラーイベント・スポンサー番組

2022/08/28 (Sun)

キャンバスナイト

通常営業 / 入場無料

毎月最終日曜日の夜に開催

 

熊本在住で国内外で活躍するグラフィッカー

『GOA』 をゲストに毎月最終日曜日の夜、

ライブペインティングを行っています。

 

野外イベントやクラブイベント、ファッションショー等で

ご覧になる機会はあるかと思いますが

この日は通常営業ですので、

LIVEと共に刻々と変化していく画を楽しんで頂けます♪

 

この日に描かれた画は次回のキャンバスナイトの日まで

店内にディスプレーしていますのでこちらも是非ご覧ください。

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2022/10/10 (Mon)

熊中放送部(HOSOB)

【熊中放送部員】

★Sonic Timemachine(FM791 昭和名曲堂 コモエスタ辛島町)
★キャプテンOZA(明星パンチ)

★ダルマ

★FAZZ ACE(ワンドロップダイニングスタジオ)
★のんちゃん(メラメラ)

★シンジ(メラメラ)

 

 

入場無料 / 通常営業

open 19:00~01:00

偶数月の第二日曜日に開催する
和モノ・レギュラーラウンジイベント、『熊中放送部』

※10月は第2月曜(祝日)に変更して開催予定です

架空の中学校、『熊中』
給食時間に放送部員が代わる代わる選曲・・・という定でお送りしております★
近年高騰する昭和30年代~70年代後期あたりの日本のポピュラーミュージック★
ラテン、グループサウンズ、やさぐれ演歌、シャレオツムード歌謡、コミックソングetc・・・
みなが知ってるあの曲から超カルト盤まで、ディギンディパーな熊中放送部員が
日々掘り起こしたレアなレコードでお贈りする大人なィ夜♬

熊中放送部のルール
(1)洋楽禁止
(2)CD,MP3,PC等デジタル音源厳禁
(3)音源はレコードのみとする

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

過去のLIVE&EVENT

過去のLIVE&EVENTをもっと見る >

ページTOPへ