ONE DROP LIVE&EVENT

今月のLIVE&EVENT

2023/02/17 (Fri)

MAD3 & P×T×A LIVE

LIVE

MAD3 from TOKYO

P×T×A at KUMAMOTO

 

DJ

GENTA  熊中放送部

open 19:00

start 19:30

ADV ¥4000

DAY ¥4500

※別途1ドリンクオーダー

MAD3 “THIS IS WAY OF LIFE” release tour in Kyushu

昨年より連続リリースされている70’sパンク~ネオロカビリーオマージュ作品に続く最新作は、な、なんとモッズ!

『THIS IS WAY OF LIFE』と題された最新作リリースを記念しての九州ツアーが決定!!

 

熊本~別府~博多3カ所のみのスペシャルライブ★

 

迎え撃つ熊本勢はサイコビリー~パンク~ヒップホップのユースカルチャーミックス・バンド、P×T×A

 

DJには熊本生まれ博多育ち、R&Rの優生学を学んだオールマイティ選曲家、GENTA

 

 

【MAD3(マッドスリー)プロフィール】

EDDIE LEGENDを中心に1989年に東京都国分寺市にて結成。
ガレージ、サーフ、ロカビリー、パンク、プログレなどあらゆるジャンルのロックンロールをインストゥルメンタルで奏でる唯一無二のバンド。

 

THE DAMNED, CHRIS SPEDDING, THE ZOMBIES, LEW LEWIS, THE BOYS, THE CHORDS, MENACE, EDDIE & THE HOT RODS, REAL GOODS(DR.FEEL GOOD), THE ADVERTSといったロックの偉人たちと共演し数々の伝説を残してきた。

 
ハリウッド映画「キルビル」に出演し、世界的規模のリスペクトを受け活躍中のTHE 5.6.7.8’s’sに在籍していたEDDIEが、KYOとトオル(現ギターウルフ)と結成したバンドHOWS&THE MAD MENを母体とする。
モッズ、ガレージシーンで活躍したHOWS&THE MAD MENが解散後、EDDIE、HARUTO、KYOの三人でMAD3として活動を始める。

 
日本初のガレージロックイベント、BACK FROM THE GRAVEにて1989年にデビューライブ。ギターウルフやThe 5.6.7.8’sらと日本のガレージ・パンクシーンを中心に活動の輪を広げる。

 
1996年に大坂のTIME BOMB RECORDSより1stアルバム『JACK THE VIOLENCE』をリリース。
2000年にMIDIよりアルバム『ROCK’N’ROLL KINGDOM』をリリースしメジャーデビュー。
英、米、仏、伊、蘭、豪などでツアーを慣行し、次々と作品を発表するが2009年に解散。

 
2016年に再結成。2021年より現在のメンバーであるCHIKARA(Ba)、FOOL(Dr)にメンバーチェンジし現在に至る。

 

MAD3 INVASION

https://mad3.theshop.jp/

 

【P×T×A(ピーティーエー)プロフィール】

Psycho Thrash Adventure・・・

Hiroshi(Gt) High-At(Vo) Hideki(Dr) Masa-shi(Gt) Daisuke(Wb)

それぞれ音楽性の異なる5人によるミクスチャーミュージック

 

2019年、TOKYO No,1 SOUL SET及びZOOT16で活躍する渡辺俊美主宰のレーベル、16STUDIOに在籍し2021年に1stアルバムをリリース

 

 

 

 

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/02/19 (Sun)

東区音楽会#5

◇ INN6

◇ とらや

◇ りふりふ

◇ The Side Effects

◇ ワンナポ

15:30 open 16:00 start

木戸銭(入場料)¥1,500

※1ドリンクオーダー

*終了後、19:30~アフターパーティ行います。
1人2,000円(食事あり)+ドリンク代でどなたでもご参加ください。

恒例になりました「東区音楽会」
今回はONE DROPで開催
新年を記念して「新春音楽寄席」と銘うって、その顔触れもとっても個性的な方ばかり

 

◆ 出演者
◇ INN6
初出演。Voぴいさま+Gtゆうすけさんの世界に浸っていただきます。
◇ とらや
なつかしさが新しい。エロダンディズム、感じてください。
◇ りふりふ
OneDropでも、にぎやか、ハッピーな二人のステージ。
◇ The Side Effects
Popなパンク。世に訴えるメッセージをお聞きください。
◇ ワンナポ
東区の中心で、しつこく歌います。
*司会・進行 : UTENA

 

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/02/25 (Sat)

THE NEATBEATS & THE PYRAMIDS LIVE

LIVE

THE NEATBEATS  from TOKYO

THE PYRAMIDS  from 倫敦

 

DJ

GENTA 熊中放送部

open 18:00

start 19:00

ADV ¥4000

DAY ¥4500

※別途1ドリンクオーダー

THE NEATBEATS “TOP BEAT TOUR 2023”

2020年4月にONE DROPにて開催予定だったツアーライブが流行り病で中止になって早3年・・・

満を期して2023年新春にいよいよツアー始動!

 

結成25周年記念を機にライブスペース、カフェ、レコード・ショップが一体化した空間を東京・荻窪に近日オープン予定!
こだわりぬいたリアルなビンテージ・サウンドも体感できる英国キャバーン・クラブの様な地下ライブ空間、

その名は「TOP BEAT CLUB」

 

現在クラウドファンディング実施中

https://ubgoe.com/projects/298

 

2020年4月中止になったライブに出演予定だったTHE PYRAMIDSも海外渡航が緩やかになった今回、はるばる倫敦より来日www

名物の歌詞翻訳転送装置もヴァージョンUPしてご来場お待ちしてマス♫との事www

 

DJにはONE DROPではお馴染みGENTA氏

安定安心の選曲でフロアを騒動にいざないます

 

 

 

【THE NEATBEATS(ザ・ニートビーツ)】

Takashi”MR.PAN”Manabe(Gt/Vo)

Kazuya”MR.LAWDY”Tosa(Gt/Vo)

Dai”MR.GULLY”Ura(Ba/Vo)

Takumi”MR.MONDO”Nakamura(Dr/Vo)

 

1997年 大阪の淀川付近 (日本のマージ-河 !?) 付近にて、初期ビートルズやサーチャーズ、ビッグ・スリー等のいわゆる
リバプール、マージービート・サウンドを直球ルーツとする “THE NEATBEATS” が結成される。
タイトなスーツにリーゼント・スタイル、一癖あるMC とハードなアクションで、デビュー前のハンブルグ時代のビートルズを彷彿とさせる荒くれロックン・ロール・ビートナンバーを得意とした LIVE を展開。

 

THE NEATBEATS サイト

http://theneatbeats.com/

 

【THE PYRAMIDS(ザ・ピラミッズ)】

ねじ(Gt/Vo)

レジ(Ba/Vo)

ぐえ(Dr/間食)

ボーダー(翻訳/アジテート)

 

London PUNK第一号となるThe DAMNEDの1stアルバム『Damned,Damned,Damned(邦題:地獄に堕ちた野郎ども)』を現代の日本に普及させるため2019年倫敦にて結成

 

1stアルバムの曲順通りに演奏する、がモットー

日本人の為に英語詩を最新テクノロジーの粋を集めて開発した『歌詞翻訳転送装置』を用いて日本語に変換して行うのだが「誤変換では?」と各ライブ会場をザワつかせている

 

 

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/04 (Sat)

鈴木康博LIVE 2023 ~十里の九里・シーズンⅡ

鈴木康博

開場18:00 開演18:30

前売り ¥6000

当日 ¥6500

※別途1ドリンクオーダー

 

1/19(木)より前売り予約開始

予約専用メールアドレス

info@one-drop.org

まで公演名、お名前、ご連絡先、必要枚数を明記の上送信願います

確認し次第折り返しご案内を差し上げます

鈴木康博LIVE 2023 ~十里の九里・シーズンⅡ

 

【鈴木康博プロフィール】

1948年 静岡生まれ横浜育ち

中学生の頃アメリカンポップスに影響されてギターを弾き始める

 

高校在学中に友人の小田和正らとオフコースを結成し、

1970年にシングル「群衆の中で」でデビュー

1972年から小田との2人組、その後5人組になりコンサート動員、レコードセールス等、音楽史に大きな足跡を残す

 

1982年全盛期のオフコースを離れ、翌1983年アルバム「Sincerely」でソロ・デビュー

自身はもとより、映像作品の音楽制作、他アーティストへの楽曲提供、プロデュースなど幅広く活動を展開

ここ数年では、2011年アルバム「一歩」をリリース、全国都道府県ライブをスタートし約1年半で完全制覇

 

2013年にソロ活動30周年記念のCD「Select 30 Vol1 Vol2」、2015年「この先の道」リリース

2016年、落語家の林家木久扇ファミリーと「木久ちゃんロケッツ」結成、NHKみんなのうた「空飛ぶプリンプリン」発表。10月には「Select30」の続編「Another Select+」を発売

 

2018年70歳を迎え、10月17日記念アルバム「元気であれば」発売、11月17日日本橋三井ホールでアニバーサリーライブ開催

 

2019年4月より「鈴木康博SOLO LIVE 2019~元気であれば!!~」ツアーを開催

 

2019年11月13日、10年ぶりとなるライブアルバム「LIVE!!!YASUHIRO SUZUKI 70th ANNIVERSARY&BEST SELECTION 2016~2019」を発売

 

2020年3月以降コロナの為活動大幅自粛の中、配信ライブを定期的に開催

 

2021年10月13日にはHOME STAY最中に制作されたCD「十里の九里」発売

 

2022年1月15日、本来2020年に予定していたデヴュー50周年ライブを、かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホールにて「鈴木康博LIVE2022おかげさまで50周年+2」多彩なゲストを迎えて開催

この模様はDVDにて5月25日発売!

 

数多くの作品を発表しつつ、ソロ、バンド、他アーティストのとのコラボなどライブ活動も積極的に継続中!!

その音楽性はもちろん、ますます磨きのかかったギターテクニックは多くのミュージシャンに影響を与え続けている

 

鈴木康博オフィシャルサイト

http://suzukiyasuhiro.jp/

 

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/05 (Sun)

大澤誉志幸 SASURAI TOUR 2023~「そし僕ツアー2023」~

大澤誉志幸

open 18:00

start 19:00

 

前売 ¥6000

当日 ¥6500

※別途1ドリンクオーダー

➤予約開始

FC優先2/3(金) 0:00~

(要FC会員番号)

一般2/4(土) 0:00~

予約専用メールアドレス infp@one-drop.orgまで、

公演タイトル、お名前、必要枚数、お電話番号、(FC会員はFC会員番号)を明記の上送信ください。確認し次第入場整理番号をご案内致します。

※FC優先予約はLIVE当日まで受付け、開場の際はFC優先入場となります。(会員番号の記入がない場合、一般扱いになりますのでご注意ください)

 

大澤誉志幸 SASURAI TOUR 2023~「そし僕ツアー2023」~

2021年8月LIVEから約1年半ぶりの熊本LIVE

 

常に”今がベスト”な大澤誉志幸!

ご予約お待ちしております

 

【注意事項】

常時マスク着用をお願い致します

大澤誉志幸及びミュージシャンとの握手~ハイタッチ等はお控えください

行政の要請により開催時間変更や中止・延期の場合もありますのでご了承ください

写真・動画等、撮影は禁止となります

 

大澤誉志幸オフィシャルサイト

https://ohsawayoshiyuki.com/

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/17 (Fri)

MMS & THE PYRAMIDS LIVE

LIVE

MMS from TOKYO

THE PYRAMIDS from倫敦

DJ

GENTA

open 19:00

start 19:30

MMS & THE PYRAMIDS LIVE

約2年ぶりとなる熊本ツアー

 

【MMS R&R ENGINEERINGプロフィール】

2005年mms 結成

音楽スタイルはシンプルかつスピーディーなロックンロール! 最小限のユニットである 3ピースのスタイルを貫きロカビリー、R&B、R&R、PUNKを自分達なりのキャリアとセンスでオリジナリティ溢れる作品とライブパフォーマンスを提供している。

また、メンバー全員が ボーカルを担当するという一面も持ち、それぞれが歌詞、曲、アレンジ等、異なった表現方法でスリーピースながら楽曲に広がりを見せている。

 

ライフスタイルにおいてメンバー全てがバイクに乗っており、作品の中にも必ずと言って良いほどバイクにまつわる楽曲が存在する。

 

サードアルバムであるライディングロッカウェイは象徴とも言える作品で彼らのライフスタイルであるモーターサイクルとロックが楽曲の随所に散りばめられたリアルな作品に仕上がっている。 ツアーにおいては、年間1万キロ以上を古いパンヘッド ハーレーで走破しライブを開催! ライブを重ねていくうちにハーレー専門誌VIVESに取り上げられ海外ファンも獲得。

 

2014年8月世界最大のハーレーの祭典、スタージスモーターサイクルラリー(サウスダコタ州スタージス)のメインステージであるバッファロー チップへ、日本人初、いや アジア圏内で初めて ゲストミュージシャンとして招待され、モトリークルー、アリス・クーパー、ZZ TOP、チープトリック、レイナードスキナード といったビッグネームと同じステージに立ち、大成功を収める。

 

MMSのツーリングはHarley-Davidsonの聖地・STURGISのステージからついに日比谷野外大音楽堂へ!

 

2017年6月18日日比谷野外音楽堂にてワンマンライブを敢行。

 

2018年8月発売の新アルバム「KICK START」より近藤誠司(THE RIDDLE/exHEAVYJUNCTION/ex KEITH&BAD EGG)が加入。

 

2019年4月14日、8枚目のアルバム「限定解除」をリリース。RIDING ROCKAWAY JAPAN TOUR 2019(全国5箇所)

2019年8月2日、MMS with The LivingDeads Colorado tour (コロラド州6か所、サウスダコタ州2か所)

 

2020年12月6日、8枚目のアルバム「COSMOPOLITAN CLUB」をリリース。

 

2021年3月21日から4月25日、<COSMOPOLITAN  TOUR 2021>ツアー決行。 約3,000km(全国10ヶ所)走破!

 

MMSオフィシャルサイト

https://www.mms-randr-engineering.com/

 

【THE PYRAMIDSプロフィール】

ロンドンパンク第一号となるTHE DAMNEDの1stアルバム『DAMNED DAMNED DAMNED※邦題:地獄に堕ちた野郎ども』を令和の日本に普及させる為2019年に結成

 

アルバム曲順通りに演奏する、がモットー

日本人の為に科学技術を凝縮した『歌詞翻訳転送装置』を使い英語詩を日本語に翻訳しながらプレイするが『誤訳では?』と各地をザワつかせている

 

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/18 (Sat)

EKD y LOS CHANGARAS & YAMAN-ECHO LIVE

LIVE

EKD y LOS CHANGARAS (from MATSUYAMA)

YAMAN-ECHO (KUMAMOTO)

 

DJ

GENTA

HAMAS

open 19:00~23:00

入場料 ¥3500 ※別途1ドリンクオーダー

EKD y LOS CHANGARAS

熊鹿ツアー Primavera 2023

 

日本国内ではプレイヤーが非常に少ないクンビアをベースとしたミクスチャーミュージックの先駆者、EKD

今回は新たにバンドとして約5年ぶりの来熊

 

対バンは熊本のルーツロックレゲエをベースに歌謡曲~ブルース~パンクetc…ミクスチャーバンド、YAMAN-ECHO(山猫)

新たにベーシストを迎えた新生ヤーマンエコーに乞うご期待!

 

 

-EKD y LOS CHANGARAS-

2007年から音楽活動を開始したEKDは、東京での10年間のバンド活動を経て、様々な混血音楽に影響を受け続ける。
2016年から地元愛媛県松山市三津浜に拠点を移し、新たなメンバーによる”STONE AXE”を結成。
2020年から、そのアコースティック編成である”LOS CHANGARAS”を始動。同年に実況録音盤CD「TIMING」を、2021年にはシングルCD「CHANDRENA」をリリースする。
ローカルに根差しながら、フジロックフェスティバル2021にも出演するなど、更なる音楽的表現への挑戦を図っている。

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/19 (Sun)

熊中放送部

ゲストDJ

コモエスタ八重樫(東京パノラママンボ・ボーイズ)

熊中放送部

コモエスタ嶋田(監督)

キャプテンOZA(部長)

(部員)

ダルマ

FUZZ ACE

HIKO(新入部員)

open 19:00~

入場料 ¥2500 1drink付

偶数月の第二日曜日に開催するワンドロップレギュラーイベント『熊中放送部』

令和5年最初の熊中はスペシャルゲストをお招きするという事でイレギュラーですが奇数月の3月に決定!

 

1960~1980年代のジャパニーズミュージックを中心に『レコード縛り』をルールにお贈りする和モノの祭典♫

 

ド定番の誰でも知ってるあの曲や???な激レア盤多数!

 

今回は熊中放送部特別講師として度々お招きしている”和モノキング、コモエスタ八重樫氏がゲスト

 

中学生時代にビートルズ武道館公演をリアルに体験し、その後のカルチャーを体現した唯一無二の選曲は正に神級!

 

考えるな、感じろ~トゴエちらかせ!~を経て『騒動』のゾーンへ突入した熊中放送部w

 

お洒落して是非ぜひ遊びにおいでください♫

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/23 (Thu)

DJ MURO in「健軍@One Drop – 日本の夜 – 」

【DJ】

HIPSTER

George The Deejay

メラメラShinji

コモエスタ嶋田
【LIVE Art 】

BRAKICHI

【LIVE Art 】

KEN VOLCANO from Boomdigi

【guest DJ】

MURO from TOKYO

 

open 17:00~23:00

前売 ¥2000

当日 ¥2500

※別途1ドリンクオーダー

DJ MURO in「健軍@One Drop – 日本の夜 – 」

クラブミュージックシーンで絶大な支持を得るDJ MURO

一部フリークのみの趣向だった和モノを独自の解釈でクラブへ持ち込み、昨今の和モノブレイク~シティポップのリスナー層を広げた功労者でもある

 

長年付き合いのあるGEORGE THE DEEJAYのアテンドにより満を期してワンドロップ初登場!

 

タイトル通り”和モノ縛りの大人の夜!

 

 

【 MURO Profile 】
日本が世界に誇るKing Of Diggin’ことMURO。

「世界一のDigger」としてプロ デュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。

現在もレーベルオフィシャルMIXを数多くリリースし、国内外において絶大な支持を得ている。

新規レーベル“TOKYO RECORDS”のプロデューサーにも名を連ね、多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。
毎週水曜日25:30~ TOKYO FM MURO presents「KING OF DIGGIN’」の中で、毎週新たなMIXを披露している。

 

番組HP

https://www.tfm.co.jp/kod/

 

World renown DJ and tireless digger, MURO aka King Of Diggin’. His portfolio expands from DJ to production, from underground to major, throughout Japan and worldwide. Releasing countless label official mixes past and current, he receives deep respect from artists and music lovers around the globe. Releasing yet another cover album “Waon” as a producer for a new found label ‘TOKYO RECORDS’, he is one of the highest artist of interest in the many fields he prevails.

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/03/26 (Sun)

小山卓治 40th Anniversaryワンマンライヴ

小山卓治

open 16:30

start 17:00

前売 ¥4000

当日 ¥4500

※別途1ドリンクオーダー

小山卓治 40th Anniversaryワンマンライヴ

 

《小山卓治プロフィール》

1957年生まれの熊本出身アーティスト

 

RCサクセションのマネジメント会社「りぼん」にスカウトされ、CBSソニーから1983年にアルバム『NG!』とシングル「FILM GIRL」でデビュー

 

同時期にデビューのソニー系アーティストの尾崎豊・大沢誉志幸・大江千里らとともに、「Oの時代」というくくり方をされた

 

メッセージ性と文学性を備えた独自の世界観を持った楽曲は、尾崎豊やMr.Childrenの桜井和寿などにも影響を与えている

 

1990年にソニーとの契約が一度凍結するも1991年より、尾崎豊や浜田省吾らを担当した須藤晃のプロデュースの下で再びソニー所属として活動することになる

同年発売のアルバム『成長』は浜田省吾がコーラスとして参加している

 

2000年代からはインディーズレーベルよりCDを発売し年間に50本以上のライブを続けている

 

音楽活動の他に、エッセイや小説なども発表

 

小山卓司オフィシャルHP

https://www.ribb-on.info/takuji/contents.html

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

Coming Soon!!

記事がありません。

ONE DROPでライブをしませんか?

お申し込み・お問い合わせはこちらから

TEL

096-331-1106

Mail

info@one-drop.org

花香( ハナカ )

レギュラーイベント・スポンサー番組

2023/02/26 (Sun)

キャンバスナイト

通常営業 / 入場無料

毎月最終日曜日の夜に開催

 

熊本在住で国内外で活躍するグラフィッカー

『GOA』 をゲストに毎月最終日曜日の夜、

ライブペインティングを行っています。

 

野外イベントやクラブイベント、ファッションショー等で

ご覧になる機会はあるかと思いますが

この日は通常営業ですので、

LIVEと共に刻々と変化していく画を楽しんで頂けます♪

 

この日に描かれた画は次回のキャンバスナイトの日まで

店内にディスプレーしていますのでこちらも是非ご覧ください。

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

2023/04/09 (Sun)

熊中放送部(HOSOB)

【熊中放送部員】

★Sonic Timemachine(FM791 昭和名曲堂 コモエスタ辛島町)
★キャプテンOZA(明星パンチ)

★ダルマ

★FAZZ ACE(ワンドロップダイニングスタジオ)
★HIKO(新入部員)

 

 

 

入場無料 / 通常営業

open 19:00~01:00

偶数月の第二日曜日に開催する
和モノ・レギュラーラウンジイベント、『熊中放送部』

※10月は第2月曜(祝日)に変更して開催予定です

架空の中学校、『熊中』
給食時間に放送部員が代わる代わる選曲・・・という定でお送りしております★
近年高騰する昭和30年代~70年代後期あたりの日本のポピュラーミュージック★
ラテン、グループサウンズ、やさぐれ演歌、シャレオツムード歌謡、コミックソングetc・・・
みなが知ってるあの曲から超カルト盤まで、ディギンディパーな熊中放送部員が
日々掘り起こしたレアなレコードでお贈りする大人なィ夜♬

熊中放送部のルール
(1)洋楽禁止
(2)CD,MP3,PC等デジタル音源厳禁
(3)音源はレコードのみとする

SHARE
TWEET

TEL:096-331-1106

Mail:info@one-drop.org

過去のLIVE&EVENT

過去のLIVE&EVENTをもっと見る >

ページTOPへ